岩谷テクノ株式会社 Iwatani Techno 採用情報 お問い合わせ 個人情報保護方針
施工業者さんの声 バックナンバー
岩谷テクノの施工現場で実際に作業している職人さんにご投稿いただきました。
施工業者さんの「生の声」をお聞きください。
ナイスタッド  |  軽天下地・ボード貼  |  軽鉄下地・ボード貼  |  一般内装  |  外断熱
【最新の施工業者さんの声】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.1 (2004)】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.2 (2005)】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.3 (2007)】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.4 (2008)】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.5 (2009)】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.6 (2010)】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.7 (2011)】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.8 (2012)】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.9 (2013)】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.10 (2014)】
【施工業者さんの声バックナンバー Vol.11 (2015)】
  ナイスタッド
ナイスタッドを極める K'sクリエイター:桝谷貴史さん
(大阪市)
私はいま31歳ですが、中学生の頃から父親の下でアルバイトをしていたので、キャリアは18年ほどになります。その間、伯父や先輩の職人さんについて仕事を覚えました。去年、初めて自分のグループを持ち、職長として現場を担当しました。まだまだ熟練工とはいきませんが、自分が責任をもって現場を納める経験をしたことで自信がつきました。ナイスタッドはどんな現場でも対応できる工法で、それだけに奥が深く、職人の腕が試されます。現場監督から指名されるような、信頼の厚い職人を目指してこれからも一層努力します。
イワタニテクノの担当者から一言

桝谷さんの仕事は、実にまじめで誠実です。しかし見た目が少し「こわもて」なので最初は誤解されることが多いようです。昨年初めて職長をした現場も最初は監督さんから敬遠されていました。しかし、「言うことは言うが、やることはそれ以上にやる」姿勢が理解されるにつれ、逆に頼られる存在となっていきました。いま、彼を中心とした若い職人さんたちが積極的にナイスタッドの技能を習得し、着実に新しい力が育っています。桝谷さんのこれからの活躍に期待しています。

ナイスタッドが出来て21年 池田建装:池田洋一さん
(東京都足立区)
私がナイスタッドを東京で始めて5年目です。大阪で3年経験していましたので計8年となります。その前は普通の軽天・ボード貼工事を17年間やっていました。
ナイスタッドの仕事を選んだのは、普通の軽天・ボード貼より残材が出ず、しかも仕上がりがきれいで速いからです。現場で作業する職人として、「仕事がしやすく」「仕事のしがい」があります。
イワタクテクノがナイスタッドをはじめて21年になりますが、その間、耐火遮音性能や強度を高めるため繰り返し実験が行われ、ほとんど毎年新しい商品が開発されています。私たちもそれに追いつくよう、毎年技能研修を受け、施工品質の向上に努めています。
ただ同じことを繰り返すのではなく、常に技能の向上を求められる。それだけナイスタッドの仕事はやりがいがあります。そこで私からお願いです。ナイスタッドの仕事に興味のある職人さんは、ぜひイワタニテクノまで連絡下さい。技能研修もあり、きちんと仕事を教えてくれます。私たちと一緒に、あなたもナイスタッドの技能集団に加わりませんか。
イワタニテクノの担当者から一言

池田さんにはいつもお世話になってばかりです。なれない東京に来てもらい、大型現場を職長としてまとめてくれました。仕上がりや施工精度の確かさ性能壁の品質の確保、向上、又、それ以上に現場の職長会の幹部としても活躍してくれています。その姿勢に現場所長や、監督さん、他職種の職長さんからも絶大な信用をこの短期間で築いてきた方です。適度な頑固さを持ち、時には押し、時には引くといった加減も持っていますが、ただ一つ悩みを持たれています。若い力です。次の世代を担う若い職人さんの力です。当社にはこのような優秀な職人さんが一杯います。私たちと一緒に、あなたもナイスタッドの技能集団に加わりませんか。

抜群の評価 伊藤工業:伊藤卓美さん
(福岡県福津市)
私がナイスタッドの仕事をするようになり18年が経ちました。
それまではGL工事の仕事をしていました。
ナイスタッドは施工のスピードが他の工法と比べ圧倒的に早く、仕上がりも綺麗なためゼネコンさんからの評判は抜群です。
これからもナイスタッドの評価を上げるよう頑張っていきます。
イワタニテクノの担当者から一言

伊藤さんは福岡営業所の職人さんです。お酒が大好きで陽気な人ですが、彼の作る壁はまさに芸術品。いつも惚れ惚れとします。
伊藤さん。これからも福岡のナイスタッドマスターとして頑張ってください。

page top


  軽天下地・ボード貼
阪神大震災の復興工事 夏田建装:夏田駒冶さん
(兵庫県芦屋市)
私の歩んで来た道は決して順風満帆なものではありませんでした。
故郷・宮崎で始めたガラス屋を皮切りに、関西に出てからは鳶や土工。その後、全国を飛び回ったトラック野郎などなど。
そして、妙な縁で岩谷テクノで軽天工事を始めました。(当時はイワタニ技建神戸支店)
一度テクノの仕事から離れて、材工で夏田建装として店舗工事等をやっていましたが、再び震災の翌年からテクノにお世話になっております。震災の復興工事には、微力ながら頑張ったという思いがあり、今の自分の礎となっています。
現在は弟・息子らと共に6人で笑門来福をモットーとして一日一日を大切に働いています。誰に似たのか早稲血統で、もう高校生と小学生の孫がいます。彼らの成長を楽しみに今日も現場の足場の上で真っ黒になって頑張ってます。
イワタニテクノの担当者から一言

夏田さんは とても明るく人望のある方です。テクノの社員はもとより、ゼネコンの監督さんや所長からも お父ちゃんお父ちゃんと声を掛けられる人気者です。仕事はキッチリ遊びはバッチリといったタイプです。
現場では墨出しから下地組まで まかせて安心だし他業種との打ち合わせもスムーズに進み 材料の足りない時は トラックで運んでくれたりと大変頼りになります。
宴会の席では独特のダンスで盛り上げてくれる、テクノにはなくてはならない方です。

page top


  軽鉄下地・ボード貼
あれから8年 佐藤建装:佐藤充宏さん
(東京都西東京市)
岩谷テクノ東京支店で軽量・ボード工事(主にLGS下地)の仕事をはじめて8年が経ちます。私にとってのイワタニテクノでの初仕事は某応援現場でした。当時、私の中でイワタニテクノと言えば「ナイスタッド」というイメージでしたので、「一般内装もやるんだな」という感じで出動したのを覚えています。
しかし今では一般内装でも十分に実績を持っている会社だと、日々の業務の中で実感しています。この8年の間に、数多くの現場をこなしてきましたが、その中でも一番印象に残っているのは、私が職長を勤め、多い時で100人近くの職人をかかえていたオフィスビルです。半年以上もの間、時には夜遅くまでの残業もあり、それまでの私には経験のないような大変な現場でした。心身ともに疲労困ぱいでしたが、たくさんの職人さんの協力と担当社員の方々のご尽力で、何とかその現場を無事に納めることができました。おかげさまで現場監督からは大変高い評価をいただき、次の現場でもご指名を頂きました。この現場での経験を生かし、今後とも職人として技術向上に努め、常に高品質を目指すのはもちろんですが、イワタニテクノの発展に少しでも貢献できるよう頑張っていきたいと思います。
イワタニテクノの担当者から一言

そうですね。あれからもう8年経つんですね。某オフィスビルでは、夜の9時ぐらいに一緒にクリップ掛けしたことを思い出しました。現場では、常に遅くまで働いてもらっていますが、品質に対するこだわり、請け負った仕事に対しての責任感の強さが、次の現場のリピートに繋がっているのだと思います。佐藤さんのその姿勢は、従業員の方にも充分に伝わっているかの様に思います。今では、職人としてだけではない仕事の部分も求めてしまいますが、これからも事故等に気を付け、テクノの皆と頑張っていきましょう。
共栄会でも、その明るいキャラクターを存分に発揮して下さい。

page top


  一般内装
プロのクロス職人としてのプライド 松田博樹さん
(大阪市)
私は公務員を経てこの仕事(クロス張り)につき、岩谷テクノの前身の会社よりお世話になり、いつのまにか28年余りが経ちました。
今ではホームセンターへ行けばクロス張りの材料、道具を売っていて、施工ビデオを見て家庭の一般の人々も簡単に貼れるよう思われています。しかし、それで済めば我々のようなクロス職人と称する者は必要ありません。
やはりプロである以上、普通の人が張るのとは際立った違いがあることを認めてもらわねばなりません。先ずはめくれない、継ぎ目が目立たない。隙がない、歪んで張らない、下地を出さない。これは最低条件です。
その他、クロスを張る前後の他業者の仕事も知っておかなければなりません。後でクロスに影響が出た時に対処できなくなります。クロスに使われる材料の特性を知っておくことも必要です。クロスはさまざまな材質があり、すべてが同じように張れるものではありません。
とはいえ、クロスは「いかに見た目がきれいか」で決まります。職人個々のセンスが問われ、プロとしての力量がそのまま出てしまう仕事といえます。誰でもすぐにできるように思われがちですが、実は奥が深い仕事です。
私は日々完璧な仕事を求め、毎日が修業だと思っています。
イワタニテクノの担当者から一言

松田さんほど、仕事の時とプライベートとの差が激しい人は見た事がありません。仕事は一切の妥協を許さず自分にも周りにも厳しく、突貫であろうと、どんな現場でもきっちり納めて来ているのでゼネコンからの信頼も厚く、私たちも安心して任せる事が出来きます。が、一旦仕事から離れると、この人があの高度な技能を持った松田さん?と思うぐらいふわふわした不思議な人です。

page top


  外断熱
施工精度の確保 (有)シナガワ工業:品川弘さん
(札幌市)
私は、岩谷テクノ札幌営業所 開設当初より外断熱工事を請け負っています。
外断熱工法は今見直され、全国的にも話題となっているようです。いろいろな外断熱工法があるようですが、その中で私はFRC断熱パネルによる外断熱改修工事の施工をしています。
FRC断熱パネルは、断熱材とGRC板の乾式複合板です。取り付け方法は、接着剤とボルトにて外壁面へ直接取り付けていきます。
古い建物の改修工事が多い為、既設の外壁の精度が悪くパネル仕上げ面の精度確保が非常に難しい作業となります。当初施工を始めた頃は精度調整の方法が確立しておらず非常に苦労しましたが、いろいろな方法を試すうち、ようやく標準的な施工法が確立しました。
外断熱工法は、断熱性の向上、結露防止、躯体の保護などの特徴がありますが、新築物件が減る中で古い建物の改修工事が増えることを期待しています。
施工が終了し足場を解体した時に納得のできる仕事であるよう、施工精度の確保に努めていきたいと思います。
イワタニテクノの担当者から一言

品川さんは、外断熱工法ではじめから仕事をしています。施工にあたっての苦労もあったと思いますが、常に納得のいく仕事をしておりゼネコンからの指名の多い職人さんです。
またナイスタッドの施工もしており札幌営業所には絶対必要な人材となっています。 「現場のあるところは、どこでも行きます」といつも言われ 地方の現場を担当してもらうことも多く、苦労をかけています。

page top

Iwatani Techno Co., Ltd. (C) All Rights Reserved.